手書き断面パース|家の全体像を楽しく見せる

断面パース

手書き断面パースの作成方法

実物の家の断面は絶対に見ることが出来ないものですが、イラストやパースにするととても楽しく家の全体像を見ることができるので、「いまいち空間のイメージができない・・・」という時には断面で提案するといいかもしれません。

家の断面図で分かりやすい提案を

断面パース
縦の断面図

このように、家を縦に切ってみた場合の断面図は、たとえばスキップフロアがある家や、吹き抜けやロフトがあるオウチを魅せるのに有効です。階層のイメージがしやすいですよね。

それから、平面図を横に切って見た場合の断面図のようなもの。↓↓

アイソメ図の事例
平面の断面(アイソメ)

間取りのイメージがしづらい・・・という時にこのような形式で見せられると、お客様もぱっと理解がしやすくなりそうです。実際にお客様との打ち合わせの場でこのようなパースで提案したときには「見慣れない図面を見るよりも、このほうが楽しいし分かりやすい」という声を頂きました。

イベントなどのチラシ用に使ってもいいですね!
家づくりが楽しい!と感じてもらえそうです。

関連記事

  1. 手描き内観パースで魅せる住宅提案プレゼン
  2. 手書きパース内観パースのイメージ
  3. 手描き平面図
  4. 鳥瞰パース-手描き-リハビリ施設
  5. 立面図を手描きする
PAGE TOP